スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もえーる

Category : 未分類
SHTプレイリストを朝からエンドレス。
うきうきが止まらないんだぜ♪ヽ(´▽`)/

現在は

運転→ガ仏→W→魔法使い→宇宙→14戦隊→13戦隊→ディノソウル→紘戒→エイエイオー→みっち→

な、エンドレスです。
みっちで落ちて運転でがつんとあがります。
好きすぎてたまらんです。

そして最近せぶんないれぶんでシフトカー買うのにハマってます。
500円ちょいちょいでこのクオリティーはおいしいと思います。

そんなわけで先週大活躍なもえーる。

萌えーる。ぇ


きょうも出張気合い入れていきまーす。

ヽ(・∀・)ノヨイサヨイサ


スポンサーサイト

セツナココロ

Category : 未分類
なんかいろいろ。
小さななかに思いはたくさんあって。
当たり前の日常の中に悲しみとか喜びとか、いろんなものが同居していて。

気を抜けば、全部持っていかれそうになるほど、
厳しい現実というやつもあって。

しかしその灯火は、
灯火であるからこそ守らなきゃいけなくて。

そこにその光があることが希望で。
その希望は、多分、ひとりの力じゃ消えてしまうようにも思うんだ。

だからって、わたしに何ができるかって。

でもただひたすらに、諦めないこと。
考え続けることだ。

考えろ。
考えろ。
考えろ。

ここにいることを選んだのだから。
虚しさとか誠実さとか、いろんなものをちゃんと持っていられないことに凹んだりもしたけど。
でもここに立っていなきゃできないことがあるから、私は今でもここにいるんだ。

だからな。
考えなきゃいけない。
どんなものが見えたって。
何がうまくいかなくたって。
それでもここで立っていられることが私に出来ることのように思う。

だから考える。
もっともっと、考えるんだ。

考えろ!

(-""-;)(-""-;)(-""-;)


がんばるよ!!


よしゃーヽ(・∀・)ノ

分析ってやつは。数字ってやつは。

Category : 未分類
そこに人はいないような?
多数決みたいな?

なんか、心折れるなぁ。

事実は事実として受け止めながら、
それでも、ここに立ってなきゃいけなくて。

すごーくちっぽけだなぁ、て、
自分の存在ってやつを思いながら、凹みながら。

それでもなんとか、
そういうもんだって受け止めながら、
やっていくしかないんだよね、と。

そんなこんなで移動中。
思案中。
BGMは相変わらずサ/プ/ラ/イ/ズ/ド/ラ/イ/ブ。

いつだってそうさ目を伏せて傍観者気取っていれば
後悔はないね。
言い訳みたいなでも、だって、だけど。
吐き捨てた道は行き止まり。

止まりかけた心。
トップギアまわせ。


……ですよねー。


(*´-`)ガンバロ


特急乗ってるとあれですね。
とっきゅうじゃな萌えワードが視界に飛び込んでくるからおちおち凹んでもいられないわ。
さっき、のりかえって見てきゅんときた。重症

最近、道路標識見てもどきどきします。
まがーるとか聞こえます。幻聴


しんどいときも、ヒーローさえいれば元気でいられる。
単純な自分の思考回路に感謝なんだぜ。

♪ヽ(´▽`)/



モノオモイ

Category : 未分類
思うことが多い。
反省も、後悔も、多い。
辛くなっちゃうよ。どうしましょ。

どうしようも、ないけど。
過去のことだから、今さらだけど。

でも、やっぱり、
いつかのために、今始めたい。

後悔ばっかりで嫌になる。
うるせぇよって呟いて、頭を抱える。

あーもう。
あーあー、もう。

しんどい。
けど、自分がやめちゃダメだと思うから。

出来る限り、頑張っていこう。
おれそうだから、
いまが多分、頑張り時。

あー、辛い。
あー、がんばろー。

(*´-`)(-""-;)


感激観劇イエスタデイ。

Category : 未分類
観てきました!!
月に一度は舞台を観たい今年。
2015年初は『真/田/十/勇/士』です。
もともと、歴女端くれみたいなところがあり、中学生の頃に大ハマりしていたので(架空と言われようが、ええ)、大変入り込んで観てしまいました。
震えました。本当。
戦国武将は、散り際が潔すぎて悔しいです。なんて素敵な魂が、いくつも失われた時代なんでしょうね。そんなことをいつも、最後に思う訳なんですが。
そもそも今回とても楽しみだったのは、中島さんの脚本であるという点でした。(再演なんですね。前回のを知らなかったのも惜しいのですが……)
フォーゼのメインライターだった方で、キャラクターの描き方が大好きでした。
今回も、幸村を含めた十勇士それぞれのキャラクターは、とても、深く魅力的でした。
気になって観ていたのは、大助の姿勢でした。父のあとを真っ直ぐに追う彼らしく、背筋がぴんと伸びていて。ともすれば、荒くれものたちの中で窮屈そうにも見えるその構えに、大助と言う人物を感じました。
真っ直ぐ、そして、大事に育てられてきた。そして、父に憧れ、自分の意思で追ってきた。そんな背景さえ見えるようでした。
その分、見ている方としては危なっかしくも感じたりしてしまって。彼が最後に倒れるのも、なんだか泣けてしまいました。
最後、幸村が父親の顔を見せたところも、なんだか、大助が生まれたとき、きっと、ものすごく喜んだであろう姿まで想像できてしまって、本当、悲しかった。
渡部さんすごいなぁ……最後まで演じきって欲しいです。
そうした背景まで見えるのは、役者の力であり、演出の力であり、脚本の力。
十勇士の知識があって、なんやかんや関連書籍を読んでいたりすれば、ストーリーは見たことのあるものなんです。
でもそれを、どう描くか。誰を描くか。
今回は佐助が深く描かれたけど、ひとりひとりの言動や行動に、確かにその背景まで見える気がしました。
言葉に、行動に、やりとりに、人が見える。
本当、引き込まれました。震えました。
いいものを見ました。

なにより、眼鏡作ってよかった!!ぇ

表情まではっきり見えて、今まで損していたなと思う次第で……orz
スワンももう一回観たいです。
今月は来週にもう一本見に行く予定なので、そちらも眼鏡忘れずに行きます。

♪ヽ(´▽`)/

ああ、よかった!
楽しかった!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。